2007年11月28日

見よ、コレが

真のダブルスタンダートだw


【社会】中国駆逐艦が初来日 信頼醸成へ防衛交流

中国国旗が振られる中、東京・晴海埠頭に到着した中国海軍のミサイル駆逐艦「深☆」=28日午前(注)☆は土ヘンに川
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/images/2007112801000202.jpg

中国海軍のミサイル駆逐艦「深☆」(指揮官・肖新年海軍少将、6100トン)が28日午前、日中防衛交流の一環として東京・晴海埠頭に入港した。防衛省によると、中国軍艦艇の来日は1934年以来で、49年の中華人民共和国建国後では初めて。
防衛省も海上自衛隊の護衛艦を中国に派遣する日程を詰めており、日中両政府は艦艇往来を機に安全保障面の信頼醸成を図る方針だ。
この日は海自護衛艦「いかづち」が東京湾内で深☆を出迎えた後、晴海埠頭で吉川栄治海上幕僚長、崔天凱駐日中国大使らが出席して歓迎式典を開催。
日中艦艇相互訪問は2000年10月、当時の森喜朗首相と中国の朱鎔基首相の会談で合意したが、小泉内閣から日中関係の悪化で凍結状態となっていた。今年8月の日中防衛相会談で再合意し、今月の福田康夫首相と温家宝首相の会談でも防衛交流促進を確認した。

(注)☆は土ヘンに川

(共同)2007年11月28日 11時12分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007112801000144.html

さぁ、自称平和団体の諸君!シュプレヒコールをあげるのだ!


え、できない?何で?

ナルホド、中国のような三下ゲス国家ごときの大洋海軍モドキ(※1)などにはかまってられない、と言うことなんですね?ね?w

なるほどなるほど。
ブルーウォーターネイビーにあらずんば、ネイビーに非ず。
ナルホド、さすが、平和団体の方々ですね!

中国海軍ごときなんぞ、あまりにもカスすぎて目にはいらない!いわゆるアウトオブ眼中、と!w


かっこいいなぁ〜中国海軍が、カス!
空母を持って米海軍と対等になろうと努力してる海軍はカス!
新鋭艦がこっちに来てないからと言って、瞬殺可能なカス海軍なんぞに貴重な時間は割けない、と!w


ああ、俺は中国海軍に同情してぇぇぇぇぇw















※1
世界の海軍は2種類に分けられる。
一つは世界中の海軍の大半が、というより多分、8割近くがこの種類に分類され、「沿岸海軍」、またはブラウンウォーターネイビーと呼ばれる。
読んで字の如く、近海または河川での活動を主眼としている海軍のことで、身近なところでいうと中国海軍、韓国海軍等がこのタイプになる。
一方、主立った先進国の海軍は、「大洋海軍」別名オーシャンネイビーまたはブルーウォーターネイビーとよばれ世界規模で活動を行うことが可能な海軍のことを指す。
厳密な意味で大洋海軍なのは今現在の所、米海軍のみで広義では露海軍、英海軍、海自、仏海軍等の海軍が入る。また将来的には中国海軍はこのタイプの海軍になることが目標である。
なお、海自は評価がわかれるところであるが、私個人は世界三大海軍の末裔であるので、大洋海軍級の能力は保有しているだろう、と言うことで大洋海軍に分類している。

なお、韓国は頑張って大洋海軍化を行おうとしているが(揚陸艦”独島”級の艦隊指揮能力付与、将来的には空母構想KCV-X等)はっきり言って無駄である。
彼らが大洋(太平洋、インド洋等)にでたければ、日本か中国と対決しなければいけないが、地の利の関係上空母1隻程度ではどうにもならないし、3隻以上はかの国の国力の関係上不可能。
よって、主敵を北と定めている「湾岸海軍」がちょうど良いのだが、”仮想敵”日本を倒すために海軍は何としても大洋海軍に成りたいのであろう。ご苦労なことだ。
posted by ドゥエム伯 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜+の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。