2007年11月21日

凄いですよねぇ・・・

★ヒトの皮膚から人工『万能細胞』 受精卵使わず…多様に分化

大人の皮膚細胞に四種類の遺伝子を導入するだけで、ほぼ無限に増殖し、神経や筋肉、骨などのあらゆる細胞に変わる胚(はい)性幹(ES)細胞(万能細胞)に似た「人工多能性幹(iPS)細胞」が作り出された。
京都大再生医科学研究所の山中伸弥教授らが二十一日、米科学誌セルの電子版に発表した。新薬開発に役立つほか、再生医療を実現する最有力手段になると期待される。

一九九八年にヒト受精卵からES細胞を世界で初めて作った米ウィスコンシン大のジェームズ・トムソン教授らも同日、ヒト皮膚細胞に半分違う四種類の遺伝子を導入してiPS細胞を作成したと米科学誌サイエンス電子版に発表した。

従来、脊髄(せきずい)損傷などの再生医療の実現にはES細胞を使う方法が有力視されてきたが、赤ちゃんになる受精卵を壊す倫理問題があり、世界的に反対論や研究規制があった。

また、神経などに分化させた細胞を患者に移植した際の免疫拒絶反応を避けるには、患者の体細胞核と卵子を組み合わせたクローン胚からES細胞を作る必要があるが、韓国ソウル大教授らが発表した「初成功」はねつ造と判明。卵子の入手難もあり、サルでしか成功していない。

山中教授らは昨年八月、マウスの皮膚の線維芽(せんいが)細胞に遺伝子全体の司令塔役となる「Oct3/4」や「Sox2」など四種類の遺伝子をレトロウイルスを使って導入し、iPS細胞を初作成したと発表。

培養法や添加物を工夫してヒトでも成功し、マウスの皮下に移植するなどして、神経や腸管、拍動する心筋などの細胞に変えることができた。ただし、再生医療応用には、がんの原因になるレトロウイルスを使わない方法を開発する必要がある。

山中教授は「マラソンだとゴールが見えた感じで、再生医療研究が一気に進む可能性がある。でも日本がそのままゴールできるか分からない。『国立幹細胞研究所』のような体制が必要だ」と話している。

<メモ>幹細胞 受精卵やクローン胚(はい)から作られ、すべての種類の細胞に成長できる「胚性幹細胞(ES細胞)」と、神経や血球、皮膚など、ある程度役割が絞られた「体性幹細胞」に大別される。成長して多様な細胞を作り出す能力と、自ら増殖する能力を併せ持つため、損傷した細胞を修復する再生医療への応用や研究が世界中で進められている。課題も多く、ES細胞は、作成には受精卵を壊して用いる必要があるなどの倫理問題があるほか、そのまま人に移植するとがん化する。体性幹細胞は役割が限定されるうえ、大量に採取できない制約がある。

(東京新聞 2007年11月21日 朝刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007112102065976.html

(関連スレ)
【バチカン】教皇ベネディクト16世「韓国は幹細胞研究の中止を」[10/13]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1192246144/ (dat落ち)
【韓国】黄禹錫(ファン・ウソク)博士、タイで体細胞クローン研究活動か[09/18]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1190104257/ (dat落ち)
【韓国】 韓国で中止の間に海外で進むES細胞研究 [03/24]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1174720143/ (dat落ち)
【幹細胞論文捏造】科学界における韓国の信用落下 明らかになった事件の全容【2006/05/14】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1147591463/ (2006年 dat落ち)
凄い発明(?)ですよねぇ。

ついに人類の科学は不老不死、といういわゆる「神の領域」まで発達してきたんでしょうね。

いや、不死は無理かもしれないけれど、不老は可能かも。
でも、俺はどちらかというと、不死も不老もいやかな?
まぁ、自然に死んでいければ良いと思う。ベストな死に方は老衰で逝けたらな、と思う。


まぁ、こんな倫理的な話はどっかに置いておくとして。
純粋に科学的な話だと、凄い事。
特に、韓国の黄教授の発見は捏造だったんで、アレで打撃が行ってると思うから、世界中の研究者は喜んだんじゃないかな?

さて、少しだけ自分の話をすると、私はモータ、すなわち電動機を研究してるんだけど、やっぱり問題は多いよね。
まぁ、例えば、車両用の電動機。
やっぱ鉄研は凄いね、ごにょってごにょってご〜にょごにょ(研究開始から含めれば5、6年以上前の話だから検索して特許とかを見ればわかると思うけど、こんなところで詳細にバラしていいか迷ったもんで。以下、ごにょは同じ理由による)して従来の発熱問題を解決したから。
糞、案だけ聞いたときは「アフォw」って思った俺がアフォだった・・・・・
いや、さすがに、通風は良い案だとおもったけどソレを全閉形に拡大するのどうかと思っていたが、ナルホド。と思った。

あと研究室に居たときのはブラシレスDCモータ軸電圧の問題解決が俺の成果かなぁ・・・アイデアと途中の計算(理論的過程)は俺がしたんだけど教ピーと助ピーとピー(偉い順・頭文字表記)に名前譲った。いや、最後まで纏めるのがどーしてもピー君に頼ったし、助ピーさんも頼ったし。教ピーは一応、トップなんで。なお、見返りは○万円だった。







ちょっと汚いことを書き連ねていますので、やめます!
いや・・・・・・・・・・・・・・何となく哀しくなってきたからさ・・・・・
posted by ドゥエム伯 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。