2007年09月24日

はぁ・・・・・?

■「帝国主義戦艦」を後生大事に保存する日本

日本の横須賀港の隣に三笠公園があります。露日戦争当時に東郷平八郎提督率いる艦隊の旗艦として活躍した「戦艦三笠」を保存している記念公園です。
三笠の前には、写真のように東郷提督の銅像が立てられています。

http://file.dkbnews.com/userdata0/1b/379/news/55_f3ccdd27d2000e3f9255a7e3e2c48800.jpg

1905年5月27日に大韓海峡(※1)で戦端が開かれた海戦で、東郷提督はこの三笠で艦隊を指揮しました。
海戦で旗艦三笠にはロシアの攻撃が集中し、当時の主力艦12隻に命中した砲弾130発のうち32発がこの三笠に命中しました。

東郷提督は指揮を通じて独島(訳注:竹島のこと)近海でロシアのバルチック艦隊を丁字戦法により38隻中19隻を沈没(※2)させ、司令官を含む6100人を捕虜にしたことでよく知られています。
露日戦争の勝利は、日本が韓国を実質的に占領するようになる契機となりました。 (※3)

三笠は1926年に記念艦として保存されたが、1945年に日本が太平洋戦争に敗れた際 、
三笠は見る影もなく毀損されました。そして1955年、日本国内で三笠を修復しようという動きが起こり(※4)、1961年に現在の姿になりました。

三笠は英国Vickers社で製作された15140トン級戦艦で、全長132m、全幅23.2m、吃水13.2mの規模を誇ります。
また蒸気機関3基で15000馬力、最大速力18ノットを出すことができ、305mm砲4門、150mm砲14門、80mm砲20門、400mm魚雷発射管4門を搭載
しています。

東郷艦隊の旗艦である三笠を保存する彼らの姿を見ると、単に三笠という戦艦を保存し
ているのではなく、「日本帝国主義を保存しているのではないか」と心配になります。

▽ソース:トッケビニュース(韓国語)(2007.09.23 14:08)
http://www.dkbnews.com/?mn=news&mode=read&nidx=27901&dom=1
・・・・もう、開いた口がふさがりません。
意味がわかりません。
保存艦が帝国主義を保存してるって意味がわからない。

第一、帝国主義戦艦とは?
弩級艦以降の戦艦か?
それとも条約型?
それとも19世紀に就航した戦艦は軒並み?

意味がさっぱりわからない。
上に、一番最後が何で出てきたが解らない。
まぁ、ちょっとこんな感じでだしたんだろうけど↓

メンズウエアの胸元に、ワンポイントマークが復活している。かつては中年男性のゴルフ用ポロシャツに、必ずついていた傘や熊などのマーク。
それが今、おしゃれな装飾としてさまざまな形に進化している。パリ、ミラノの07年春夏メンズコレクションでも、主要ブランドは軒並みワッペンや刺繍(ししゅう)によるマークを強調していた。
復活したワンポイントマークは、ブランドのロゴとは限らない。オリジナルのエンブレム(紋章)を大きくスポーツシャツに刺繍したドルチェ&ガッバーナも、これがブランドの正式紋章というわけではない。
あくまでトレンドの「スポーツ気分」を、今風に表現しただけだ。あえて巨大化させたマークには、ジョークのニュアンスも感じられるが、慣れてくると何も装飾のない服のほうが、物足りなく思えてくる。
ボッテガ・ヴェネタも大きな数字をニットカーディガンの胸元に縫いつけた。こちらは60〜70年代に流行した、頭文字や数字のマーク入りが特徴の「レターニット」をほうふつさせる。
一方、ジャケットの胸にワッペンをつけ、「クラブブレザー」風に見せたのはエンポリオ・アルマーニ。
コレクションのテーマも「メンバーズクラブ」。限られた会員によるスポーツクラブでの装い、といった上品さが漂う。
もともと胸にマークをつけるやり方は、60年代半ばから80年代半ばまでが全盛期。
やはり大きめのエンブレムを強調したバレンシアガのジャケットを見ても、当時長くメンズファッションの主流を占めていた「アイビー」や「トラッド」を連想させる。
ジュンヤ・ワタナベはラコステとのコラボレーションで、カラフルなポロシャツを発表。「きれいめデニム」と合わせた姿は、「ちょいワル」というより「おりこうサン」だ。
変わりダネは、ハワイをテーマに、ハイビスカスとモノグラムの花柄を合体させた、ルイ・ヴィトンの男性用コサージュ。おさえておくべき流行を、誰よりも進化させた形で見せた。
アレキサンダー・マックイーンの、胸元を飾る花の刺繍や、自社のロゴマークの三角印をポケットのふたにしたプラダも面白い。
それにしても、マークやエンブレムは本来、軍隊や国家、学校や会社など、何かに帰属することを表す。
今、若い女性には「愛されOL」系のモデル、エビちゃん(蛯原友里)が人気だが、これからは男性にとっての理想像も「さわやか正社員」系になるのかもしれない。
そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えているという事実も、多少気になるところだが。
(朝日新聞、2006年09月11日)

意味がわかりませんね、ハイ。
日本語というか、言語というか

こいつら母国語も満足に使えないのか?


特に、朝日。二度とお前らは「入試に出るのは朝日新聞」とかいうな。
日本が馬鹿になっていく。
少しでも日本のことを考える、というか、国語力的な常識があれば新聞社であることをやめてください。お願いします。

いやぁ・・・意味がわからないよ・・・

呉の大和ミュージアムにもこの調子で文句をつけるんだろうな。
いやぁ、マジでキレるよ。俺。



































そういえば、彼女にプレゼントで買う約束をした大和の大型模型まだ買ってないや、ヤベ。

※1
対馬海峡のこと。
あそこの国際的な名称は朝鮮海峡である・・・・・ハズw
なお、対馬海戦とは、その海戦の戦勝国では「日本海海戦」として知られている海戦である。

※2
どこもかしこもバルチック艦隊と書くが実際はバルチック艦隊ではない。
バルチック艦隊から抽出された第二、第三太平洋艦隊(第一太平洋艦隊は黄海海戦で打撃を被ったためその補填で急遽派遣されたものである。)
と戦ったのである。

※3
意味がわからない。
日本が得たのは優越権であり、どこをどう見ても国防上必要に迫られたことである。(他国の干渉を防ぐため)
実質的○○という言葉が好きな連中だ。

※4
まぁ、発端はイギリス人のルーベンスだが、ルーピンだかよく思い出せないがそんな人物で国内発端ではないんだがな。
恥ずかしい。
アメリカ海軍のチェスター・ニミッツ提督が自署の売り上げを寄付したのは有名なお話。
posted by ドゥエム伯 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜+の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。