2007年08月07日

二大政党制について〜このたびの参院選より考える〜そのB

本日は、参院招集があったので、コレも書きますw

さて、前回まで
「二大政党制はちょっと無理じゃね?」

と言うことを、グダグダ書いてきたのですが、今回は、それらをふまえて
「日本で二大政党制を行うには?」
「日本の未来は?」
の二つを見ていきたいと思います。

まっことにチラシの裏な文ですが、そこはご容赦をw
では、本題。

先ず、「日本で二大政党制にするのは?」から。

二大政党制になりたければ、先ずは、野党が頑張って成長しなければなりません。「日本の将来は?」に関係することですが、今回、崖っぷちというか、究極的な分岐路に立たされ、退路を失ったのは大勝した民主です。
なぜか?

至極簡単。今回の参院での対応がそのまま民主の評価に直結し、尚かつ、それは民主が自民に行ったネガティブキャンペーンと同じ威力で民主に襲いかかってくる可能性を拭えないからです。
例えば、民主が参院で他の野党と連携してある法案をぶっ潰したと仮定しましょう。
そして、衆院で再度可決されたともいたしましょう。
1・再可決された法案が非常に成果を出した。
2・再可決された法案はやっぱり否決されてた方が良かった。
1か2の未来がここで生まれるわけですが、1か2で民主の運命は大きく変わるわけです。
1・なんだ、反対野党かよ。ろくに考えることもできなければ、さっさと消えな。
2・民主に票を入れて正解だった!衆院も民主に決まりだな!

当然、民主党にとって良い結果は2ですが、それ以外にも
「自民案の一部を改訂、民主案として提出→これが結果を出す」
「自民案に対抗、民主案を提出・可決→これが結果を出す」
とにかく、「反対野党」としての性格を消さなければならない。というのは共通して言えることでしょう。
自民のおこぼれを貰って喜んでいる政党が与党になるなんて絶対無理ですからね。
「政策野党」としての性格を今回の参院で見せることができれば、民主は次の衆院でも躍進でき、晴れて二大政党制を担える政党になって、夢の与党になれるわけです。

では、1の未来は?
民主は死ぬ、とまでは行かないかもしれませんが「1と1/2政党制」以下の「1と1/3政党制」ぐらいになるかも知れません。
そして、参院不要論と共に埋もれていく結末です。

端的にいうと、「日本で二大政党制ができるか?」と言う問に対しては「野党次第」というじつに消極的な答えしかだせないのが現状なんです。

では今後の「日本の将来は?」
私は、二大政党制になることは無いだろうと考えています。
「1と4/5政党制」ぐらいまでは進むでしょうが、後一歩のところでつまずくと考えています。
なぜか?
やっぱり国民の「声なき声」は二大政党制とかを言ってないから。

「私は国民の声なき声に耳を傾ける。今日も後楽園球場は満員だったそうじゃないか」

かつて岸首相は国会を取り囲む反安保デモ隊に言及してこう言いました。(※1)
このたびの参院選は国民の「声なき声」が票という形で現れたのだけど、それは、「自民に対する叱責」や「民主の”年金解決”に対しての希望」であり
「是非とも自民に取って代わる政党、あるいは自民と肩を並べる政党として民主を」
じゃない。私の周りの声だけの判断は危険ですが、(それこそ私がが”声なき声”を代弁してはいけない。私もこの今日の文章はちょっと危ない感覚はしてますが。)100人ぐらいの知人に聞いて、100人が100人とも「二大政党制」について話さなかったのを考慮すると
TVで今後を聞かれて「二大政党制」という言葉を発してる議員・コメンテーターを見ると「なんだかなぁ・・・」という気持ちになります。

つまり、的はずれな言動を繰り返す民主を見て、残念だ、と言う気持ちになる人は多かったのでは?と思います。
国民の声を正確に聞き取っていけば二大政党にいつかはなれるでしょう。
が、国民の声を聞いて行動できない、票を見て一喜一憂する政党は最後の最後まで「野党」であり続けるのがその未来だと思います。



(※1)岸元首相の発言は正確には
昭和35年5月28日の首相官邸における答弁の一節
「国民の声なき声に耳を傾ける」
と、同年5月3日、伊勢神宮参拝時の、
「デモは首相官邸付近では騒がしいが、神宮球場は満員だし、映画館や銀座などは、ふだんと人出はかわらない。国民の不安が増大しているとは思わない」
とが混同した発言だと思われます。
posted by ドゥエム伯 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。