2007年08月05日

二大政党制について 〜このたびの参院選から考える〜





こんな本を発見したのもものでいっちょ出しておきます。
…………中身見たことないからどんな本かは知らないけど………

まぁ、題名だけみたら今から私が言いたいこととほとんど同じだし、大丈夫だろうということであげてみましたw
買ってみて内容が私の考えてるものと違ったらまた何か記事にして言うんでよろしくwでは、本題に。

なぜ、こんなことを思ったのか?と言いますと、友人との会話がきっかけです。(以下友人:友 私:774)
友「なぁ、774よ。このたびの参院選どこに入れた?」
774「え?俺は自民だけど、どっちも。」
友「お前はダメだなぁ・・・民主にいれなきゃよ」
774「へ?」
友「年金だよ!ね ん き ん !お前はニュースの1つも見ないのか!」
774「いや、だから自民だろ?」
友「お前は馬鹿だなぁ。自民が元凶だろ?だから民主にいれて救済政策実行させないとな。」
774「いや、これ参院選・・・」
友「で、自民をチェックさせる二大政党にしないとな。」

と、まぁ、こんな具合です。
まぁ、参院選なのに政策が実行できる(=与党)と勘違いしてるのはおいておくとして、より注目していただきたいのは友の言ってる
二大政党制にする。

です。

まぁ、二大政党制って何?と言う方は自分でグーグル先生にご回答を貰って下さい。
ココでは、一般常識的に、と言いたいところですが、それじゃあ混乱するんで、「二つの大きな政党が議席の大半を占め、その2つの政党が交互に政権を担当するしくみのこと」の一部を改変した
「二つの大きな政党が議席の大半を占め、野党になっている政党が政権を担う能力があること」
とします。じゃあ、政権を担う能力って?と聞かれると私が真っ先に挙げたいのは
「政策立案能力」

です。政策が立案できる能力が無ければ基本的に話は進みませんから。
で、順に実行、改変、人事能力といった所でしょうか?
まぁ、こんなものを前提に話をしていきたいと考えております。

なぜ、友の「二大政党制」に突っかかるのか?
先ず、1つ。今回の民主勝利は「自民が負けた」だからです。
何言ってるの?こいつ。と思った方。まぁ少しお話を聞いてください。
今回の民主勝利は基本的に「自民党に対するネガティブキャンペーン」と「マスコミによる”民主宣伝”」に依存していると考えられます。
前者は言わずもがな、後者は「民主以外の野党に対する票が減った」と言うことが表しています。年金に対する制裁なら民主以外の野党でもいいんじゃない?なぜ民主?というわけです。
さらに、人事に問題があったりと自民側にもの凄い不利な条件がありました。つまり簡単に言うと

「自民党の負けるべくして負けた」戦いが今回の参院選であり、民主党の「勝つべくして勝った」戦いでは無かった。「自民の政策が」非難されたのであり、「民主の政策が」評価された結果では無かった。自民に対する「揚げ足取り」が成功しただけのいわば戦術勝利、「戦略的に」人を集めたわけじゃ無かった。すなわち、圧勝というかおなさけ勝ち。


わけです。確かに、コレはある程度は二大政党制の基礎に通じるものがありますが、それは「二大政党制が成り立ってるから」成り立つ基礎であり、コレが成り立ってるから二大政党制というのは十分条件と、必要条件を混同しています。
次に、民主の政策立案能力に対する疑問です。
民主党案に反対する民主党。

これだけで、十分立案能力に疑問が尽きます。私の記憶が確かであれば、教育基本法、自らが出した案すらも審議拒否しましたよね?何がしたいんですか?民主さん?
さらに、国会が始まる前に「反対」宣言も出しましたよね?
ホントに、おたく、民主主義国家の野党ですか?
まぁ、つまり「反対野党」でしかないというわけです。
反対のために反対を行う。つまり、「政策立案能力が皆無」と取られるわけですよ。
責任ある野党じゃないわけです。反対したけりゃ、対案をだす。
潰れる覚悟でもいいから、最低自分が出した案ぐらいは審議する。
それが、責任ある野党って奴だと思います。
前原さんが代表していた時のように、「責任を持つために」対案を出す野党じゃないといけない。と言うわけです。
なぜ、反対しか出来ないか?理由は至極簡単。
「民主党=反自民連合党」だから。

まぁ、92%ぐらいは正解してると思いますよ。
すなわち、民主内には、共産・社民もびっくりな左派もいれば自民なんて可愛く思えちゃうぐらいの右派も居るわけです。
だから、意見統一がかなり難しいわけです。でも、政府・与党案反対は統一できる。党の崩壊を防ぐには「何でも反対」しかないわけです。
まぁ、旧社会党と同じなわけです。
こんな政党に政権を任せられるわけないですね。
posted by ドゥエム伯 at 18:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 私の思うこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じテーマ選ぶとはwww
私の書いた文はどちらかというと中立的なスタンスかな
(中立を装って民主を嗤ってるともいえるが)
内容は今回の選択云々ではなく、今後についてかなw
Posted by はるしお@東亜から出張中 at 2007年08月05日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50387319

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。