2007年08月02日

東亜+で思うこと。

まぁ、第一回なんでもう一回ぐらい投稿でもしようかな?とw

因みに、カテゴリ「東亜+の諸問題」ってのは
東亜+(に出てくるニュース関連)の諸問題(を私なりに考察する)
という意味なので、悪しからず。
結構色々と考えさせられることはありますからねぇ〜、東亜+のニュースは。
それこそ「おいおいw」なお笑い系のニュースから
うむ。と必ず考えさせられてしまうニュースまでよりどりみどりw
そんな空気がスキで入り浸ってる訳です。私は。では、そんな東亜+で思うこととは一体どういったものなのか?
私、774=ドゥ=エム伯爵 ◆fg1jriIDV.は初めからこのコテではなく
774◆fg1jriIDV.というコテで東亜+デビューいたしました。
名無しさんからでなくてコテハンでスタートしたんですけど、初めはプレッシャーだらけでしたね。ホントに。なんつったって自分の発言はずっと記録されますから。
名無しさんはその日限りのIDだけですが、コテハンはずっと。
(IDは変えようと思えば変えられる。まぁ、それはコテハンをつけてる人も同じなのだけど、そのコテハンで言ったことはずっとネットのどこかで記録されるし簡単に検索される。)
それでも、私はそれまで東亜+をROMしてきて、なんとなく
「ココはいい加減なことは言えないな。ならコテをつけて、自分の発言くらいは責任を負おうか。」ってカンジでコテをつけたのは覚えてます。
ホントに色々なニュースを見ましたね。
「まさに O I N K(※1) 」と笑ったニュース。
「コレだから特亜は」と怒ったニュース。
「これからの日本は大丈夫なのか?」と心配したニュース。
書き込みこそしなかったけれど、最後の最後まで見たスレもありました。
まぁ、そんな中でいろいろと考えさせられていくなかで徐々にプレッシャーが減っていき、自分の意見に自信を持たせていけるようになりました。
…………………全然思ったこと書いてないな、まぁいいか。
どうせチラシの裏だしw
まぁ、簡潔に思ったことを書くと

「議論させてくれてありがとう」


ですかね。
私は本当に議論がスキです。リアルでもネットでも。
彼女に飽きられてしまうぐらいにw私は、本当に議論が好きな人間です。
意見、というのは自らが長い間温め、そしてパッと出してこそ輝くものだ。と考えている者ですから。
だた悲しいかな。私の周りには議論好きな人も論戦できるだけの確固たる意見を持っている人もそんなに居なかった。
数少ない、そんな議論できる人もすぐ論破してしまって(まぁばれないと思うけど、論破した人ゴメンネwこんなカンジで書いちゃってw)”意見をぶつけ合った”という爽快感が得られなくて、で
「議論の為に議論する」ってカンジの議論をグダグダと続けて。
そんな中で東亜+で良い議論をしてる。まぁ、釣りでも全力でいくか。みたいな気持ちで初めて、そのうちいろんな人(コテハンの方々)と出会って、ピラニア認定食らって(笑)TOAと言う議論場を得て。
自分の意見を言えて楽しかったです。
とくに、はるしお氏には、この場を借りて礼を述べたいと思います。本当にありがとうございます。またこれからもよろしくお願いします。
さて、グダグダ感たっぷりに何言いたいのお前という突っ込みが聞こえてきそうな文章を延々と書いて来ましたが、最後に言いたいのは東亜住人の民度ですかね。
また別の機会に書こうと思いますが、最近、下がってるかな?と思います。
まぁ、現れては即雑談かますコテが言えたことじゃ無いけれど、夏厨云々別にして、最近、住人が傲慢になってるように見える。
それは意見が、それは心が。
確かに、私も特亜はキライですがね。
でも冗談でも言って良いこと悪いことがあると思うわけです。
まぁ、ただ、夏厨が出てくる時期にあんなニュースが重なった。
ってな訳だけなんですが、悪のりしすぎじゃないか?と思ったりなんちゃったりで。

まぁ、劣化は仕方がないけど急速に起こるのは問題だよね。って話。









さらに因みに。
全くの夢だし、自分でやる気もさらさないけど
東亜+の本がでたら面白そうだよねw

※1
OINK・・Only In Koreaの略
本来の意味は豚の鳴き声だが転じて
「もっぱら韓国だけに起こりうる出来事」
を意味する強烈な皮肉


英語の綴り違うかもw(←おいw)
posted by ドゥエム伯 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜+の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。