2008年11月14日

なんつーかね

え〜、田母神前空幕長の件について遅まきながら私の考えでも。先に言おう。

処分は仕方がない。


これは、どう足掻いても仕方がない。
文民政府の基本方針に対して、反対したのだから、シビリアンコントロールの原理原則に基づいて、解任(と、いうか処分な)は仕方がない話であろう。
だって、ここは文民統制だもん。大方針に逆らって無事にすむはずがなかろうて。

で、問題になるのは、論文の中身を必死に批判しているアホ共な。

あのね、脳みそアッパパーなのか知らないけれど

当時は侵略戦争なんてなかったの。

第一、植民地を持つことが「まだ」正義だった最後の時代に侵略も糞もあるかよ、阿呆。
どうしても「侵略国家」を言いたければ定義を「帝国主義を方針とし、植民地を保有していた国家」としてからだな。
因みに、侵略戦争は「”侵略国家”の外交方針」か、上の定義を流用すると。
定義を語れ、定義を。そっから話をし始めないか。

いかに布告前先制攻撃とはいえ、日米で宣戦布告したからね太平洋を基軸にして双方で繰り広げた海空戦は「全く問題ない戦い」なんだよね。
って、あの論文は言ってるの。定義は「国際法に基づく行為による戦争を侵略とは言わない」そこを見ないか。
定義が問題なんだって。定義次第で言葉の意味変わるからさ。

そういえば、「論文チェック出来なかったのか」とか社説に堂々と載っけているが・・・思想狩りをしろと?(まぁ、”論文提出行為”をチェックしろと言ってると思うんだが)
おお恐い(棒読み)全体主義の先兵が言論機関を名乗って活動しているぞ(苦笑)
まぁ、でもしたいよね、思想統制。
国旗国歌に反対する教師を一掃できるから。

ま、思想統制しなくても、政府の方針に逆らっている”公務員”なわけだからクビにしても良さそうなモノだけど。

思想・言論・表現の自由が公共の福祉を害さない限り認められるんですよ、我が国は。
内心の自由に至っては、制約無し。
村山談話が間違いだと思っていて、それを論文に発表しても、本に書いても言い訳ですよ。

立場を考えなければな。

先に示したように「政府方針に逆らった」わけですから、彼。どんなに正論であろうと、どんなに筋が通ってようと「文民政府の決めている方針」から外れてはならんわけで。
悪法もまた法なり。軍人の暴走を防ぐためにはそういった機構も必要なわけ。
旧軍の軍人勅諭にあるように「世論に惑はす政治に拘らす」が軍人の本領なんだよ。

まぁ、田母神さんの進退はさておき、私はこれはもっとホットであるべき報道だと思うんですよねぇ。
村山談話の否定、集団的自衛権の行使如何を田母神さんは発言したわけですから。
いや、上の思想を批判か肯定しろって言ってるんじゃなくて、見直せ、と。
見直せというと即「ウヨク」と、せき髄反射の優れた人が出てくるが、そういった人は無視して。

東京裁判だって、そりゃね、私はあれは違法だと思うし、事後法で裁いたものだと認識しているが、見直してどうする?と。
今から「アレはナシです、だって可笑しいモノ。やり直しを請求する」とか「支払った賠償金は返還してもらいます。だって無効ですから」とかいう?
出来ないんだって。それを踏まえた上で「どうであったか」、つまり評価を見ていくべき何じゃないんですかね?
1回謝れば終わりなんだよ、普通は。それが法という概念だろう?
未来永劫、生まれた日本人は皆咎人か。
村山談話で決着したわけで。それ以後の人間がどう過去を評価しようと自由なんだよ。まぁ、村山談話はいらんがな。

「日本は好きこのんで戦争を開始したのではないのだ」そのような面が無かったとは断言できないけれど(ABCD包囲網とかね、石油を止めれば、日本が暴走するぐらい誰にだってわかるさ。つまりはそう言うことだよ)、何度も機上演習を行って、迎撃海軍として漸減作戦を練りに練って、それでもなお「良くて敗れない」「絶対に勝てない」との結論が出てたのに、度重なる挑発に根負けして「座して死を待つ必要は無い」と勇ましく打って出た結果が御存知、日本中が焼け野原。
責任を求めるのは後知恵だけれど、それでも誰か(当時の政府)に責任を求めたくなるわな。
でも何故か悪いのは、謝罪をしないといけないのは、日本人。何の責任も無い一般国民を永遠と責め続ける。
理解できないな。民主主義国家であるならいざ知らず、当時の日本は「天皇中心」の「全体主義」、「ファシズム国家」であったのだろう?(まぁ、当時の日本は民主主義国家だけどさ。)


今、もう一度、徹底的に議論を交わすべきだと思うけどね。
こういった「タブー」であった議題を。

靖国問題とかもね。
金 美齢氏が言ってたが「死者との約束は違える事が出来ない」。
帝国と旧軍兵士の約束は「死んだら靖国で」「靖国にて最高の栄誉を持って奉る」だったわけで。
命を落としてでも国家に殉じた人との約束を、ぬくぬくと後ろで生きている人がどうこうできる問題じゃない。
その約束、というか、契約だよな、をどう果たしていくかが問題だと思うのだがね。
契約を一方的に、意味不明な理由で破る奴ってどう思うよ?
それが答えです。

この問題の本質はぶっちゃけ騒がれる程じゃないんですよ、全然。
一番上で述べている通り。
思想狩りとか、言論統制とか、言ってる人もいるけど、的はずれですよ、詳細は一番上とか中腹とか参照。

だけれども、その隣に付随していた「歴史観」とかの「評価」、それに関して報道とかを組んでいくべきだと思うんだがね。

話を二転三転しながら今まで書いてきたけれど、もう少し、この駄文に付き合ってもらおうかと。

日本人の誇り、とか、プライドの為に過去の評価を変えるのは私は反対する。
歴史の評価はそんな気安いもので変わることがあってはならないからね。

ただ、誇りとかプライドとかは「ありのままの」日本を伝えていけば普通に持てると思うけどね。
愛国心を評価・点数付けるとか、ありえないって、普通もってるからさ。
だってよ?そこらにある町工場が世界一とかだぜ?日本一でも十分に凄いと思うのに、世界一。
それだけでもスゲーって思うと思うのだが。
思い上がりに繋がる「誇り」や「プライド」はいらん。
心の底からふと思える「誇り」、「プライド」を持たせるべきだと思うんだけどね。
なんで。それに「過去に悪いことしたのだ」と余計なことをいうかね。
功罪は足し引き勘定できないというのに。

威勢の良い、聞こえの良い事ばかり言う前にふと立ち止まってみる必要があると思うな。
ヤン・ウェンリー提督のお言葉じゃないが「必勝の信念とかいものほど害になるものはない」。


まぁ、取り敢えず、歴史の「評価」を見直してみる。それに尽きると思うんだけどね。
posted by ドゥエム伯 at 23:47| Comment(3) | TrackBack(2) | 私の思うこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文民統制だから仕方ないってのはちょっと私としては
同意は出来ませんねえ。実際政府の方針に反対したっつっても
政府の軍事政策に反対したわけではなく個人的な見解を論文で話しただけだしましてそれを実現するために
空自を動かしたわけではないんだし
私は更迭はとても厳しい処分だとは思いますよ
そもそもシビリアンコントロールとはあくまでも議会が軍の予算を牛耳り、政府が軍を統制する事であって
軍人の発言を封じるのが目的ではないんですからね
ただ田母神空幕長のコミンテルン陰謀論ってのもなあ・・・
あと事前に上司である官房長にその論文を見せなかったってのも問題かな。これが更迭の理由に該当するかも知れません

でもやっぱりウリは田母神前空幕長を支持します!!
Posted by 侵略派コテ一代 at 2008年11月15日 09:10
回線不調で二重投稿になってしまいました
スマソですorz
Posted by 侵略派コテ一代 at 2008年11月15日 09:12
いえいえwお気になさらずにw二番目の投稿はコチラで消させていただきますw

でも、やはり、「処分」はしないといけなかったとは思うんですよね・・・でも、少し可笑しいと思った件がありまして。
空幕長から空将補に降格させてから処分とはこれいかにと思うんですよね。
降格自体が既に処分ではないかと。
ただ、厳しすぎる、というのは同意です。
国旗国歌に公の場で反対を示す奴らが職を賭す気もないくせにうだうだとうつつ抜かしている癖に国家のために意見提示した彼は職を失った。
可笑しいとは思います。

そこたへんを踏まえて、国民全員でこの出来事を考えていけば良いと思うんですが。
Posted by ドM伯 at 2008年11月15日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109529635

この記事へのトラックバック

田母神さん
Excerpt: なんつーかね まぁ、田母神さんの進退はさておき、私はこれはもっとホットであるべ...
Weblog: りえの日記
Tracked: 2008-11-14 17:10

文民統制
Excerpt: なんつーかね 文民政府の基本方針に対して、反対したのだから、シビリアンコントロ...
Weblog: なみの出来事
Tracked: 2008-11-15 00:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。