2008年02月13日

こぉの愚民共がぁぁぁぁ!!

明日は愚民共がチョコレート業界に踊らされる日です。
良いように踊らされてチョコレート業界に金を貢いでいく日です。
良いですか?皆さん。我々は聖なる日を何としてもチョコレート業界の魔の手からとりもど・・・



と、ちょっとだけ反対派wみたいなことを書いたが(つか、反対派すらもこう思ってネーよ、とw)、俺は別に〜という人間。
学生の頃は確かに貰ってたけどさ、俺はどっちかというとチョコが嫌いな人間なんで、全部、家の女共にあげてた。
今でも、嫁さんから「何が欲しい〜?」と聞かれるけど・・・
ぶっちゃけ、欲しくない。チョコレートは好きじゃないから。
でも断るのがなんだし、「おまえさんが一番食べたいのを買ってきて良いよ、お金出すから。」と答えている。

因みに、私はホワイトデーなる存在があるのに、何故にバレンタインでも男が女にプレゼント(世間的にはチョコが常識かな?)を送らなきゃならないのだろうか。
いや、2日前ぐらいにボーっとテレビ見ていたら「最近は女の人もバレンタインで貰いたい!」とか言ってる番組を見たからこのように書いてるだけで、全ての女性にケチを付けてるわけじゃないし、そう言うつもりもない。
無論、わからないでもない。ホワイトデーはどっちかというとお返しの意味合いが強く、プレゼントを「お返しされた」という気持ちがあるのだろう。
その点、バレンタインに貰えばお返しではなく「プレゼント」。
すなわちちゃんと「贈られた」と感じるのではないだろうか。

無論、この推察は私の勝手な妄想であり、後ろから「仕事しろよ!」な目線にも負けずに堂々とこの記事を書いているダメ人間の妄想なので真である可能性は限りなく低い。

だが、ちょっと待って欲しい。

ホワイトデーのプレゼントは3倍返し、と言われる。
ならそれで我慢せーや、と思うわけだ。
別にプレゼントなんて何時貰っても同じだろう、問題はその品の金額と贈られたシチュエーションと贈る側の気持ちと贈られた側の心意気だ。

因みに私はチョコレートは嫌いだが、チョコパフェは好きである。
学生時代は一人で(時には友達と)パフェ食いに色々な店に入ったモノである。今でも一人で入るが。

こう言っては何だが、実はこの記事のココより上とココより下にはなんら繋がりがない。
いやさぁ、実はこの記事は2月1日には書かれてたんだけど、ずっと非公開設定になっててさ、今更追加・編集でもして世間に出してみようかとw
因みにもとタイトルは

続きを読む
posted by ドゥエム伯 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。