2008年01月22日

へぇ〜

よかったじゃないかw無邪気に喜べてw

日本は今、FX選定で困ってるからなぁ、タイフーンが良いと思うんだけど、未だにラプタン派やイーグルFX派と抗争中でねぇ(棒読み)

【韓国】「F−15K、もう1機どうぞ」米ボーイング社、韓国政府にF−15Kを無償でもう1機提供[01/20]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1200808917/


1 出世ウホφ ★ New! 2008/01/20(日) 15:01:57 ID:???[0回目]
F−15K戦闘機を製作する米国ボーイングが最近、韓国政府にF−15Kを無償でもう1機提供するという意思を表示した事実が明らかになった。

政府消息筋は20日「F−15K戦闘機20機を追加購入するF−Xの2次事業交渉過程で、ボーイングの高位幹部がF−15Kをもう1機を提供するという意思を伝えてきた」と明らかにした。
軍はボーイング社からF−15K40機を購入する次期戦闘機(F−X)1次事業を進めており、これまで30機を受け取った。しかし、このうち1機は2006年6月、慶北浦項(キョンブク・ポハン)沖に墜落し、ボーイングは墜落した1機を補うという趣旨で、このような提案をしたものとみられる。

一部ではボーイングがF−X2次事業が終わってから、空軍の5世代戦闘機導入事業を念頭に置き、こうした提議をしたのではないかという憶測もあがっている。

空軍は2011年からF−22及びF−35のようなステルス機能を持った5世代戦闘機60機を確保する事業に着手、2014〜2019年まで実戦配置する計画だ。

消息筋はこれについて「ボーイングは韓国政府がF−15K20機を追加で購入することにしたことに対する感謝の意志表示とともに、墜落した1機を補うため、この提案をしたとみられる」とし「今月中に終える予定であるエンジン契約交渉時、ボーイング社の意中を最終打診した後で提案を受け入れるかを決める」と話している。

一方、防衛事業庁は最近、ボーイング社とF−15K20機の追加購入交渉を終え、臨時契約を締結したということだ。軍の消息筋は「ボーイングの提示した金額が防事庁が目標とする交渉価格内であると聞いている」とし「機体価格は1機当たり1千億ウォン(約1130億円)台と決まり、エンジン契約のみを残している」と話した。

朝鮮日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=95122&servcode=A00§code=A20


因みに。
米空軍のF-15墜落事故調査委員会、事故原因は金属疲労による縦通材の破断
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200801111951

200801111951m2.jpg

【Technobahn 2008/1/11 19:51】昨年10月2日、ミズーリ州で起きた飛行訓練中のF-15C型機の墜落事故の事故原因を調査してきた米空軍の事故調査委員会(委員長:William Wignall, Air Force Col.)は10日、機体を支える構造材となる縦通材が飛行中に破断したことが、墜落につながったとの調査報告書を発表した。

事故調査委員会によると事故を起こしたF-15C型機はミズーリ州セントルイスの飛行場から離陸してから約20分後、旋回飛行中に大きな衝撃と共に、機体のコックピットの後方部分で機体の前部と後部が分離し、そのまま墜落したと分析。その上で、墜落の原因となった機体の分断は、機体を支える縦通材が機体の重量を支えきれずに破断を起こしたために生じたとの結論に達した。

事故調査委員会では、地上で回収した事故機の破片の分析により、破断を起こした縦通材には経年の金属疲労によってひび割れが生じ、これが、最終的に飛行中に縦通材が破断を起こした原因になったものと見ている。

その上で事故調査委員会は機体の定期検査では機体内部の縦通材は検査の対象となっていなかったことを指摘し、事故に至ったのは定期検査の方法にも問題点があったことなども指摘した。

同様な問題は最新型のF-15E型機以外の合計440機の機体で生じている可能性もあり、米空軍では、F-15の開発生産を担当したボーイング(旧マクダネル・ダグラス)と共同で、440機に及ぶF-15の修理が可能なのか、修理が可能であればどのような方法で修理を行うのか、また、その費用をどうするのか、今後の対応策に関して協議を進める。

画像は米空軍が10日付けで公表したF-15墜落事故の再現映像の一コマ。

はい、いくらKがE系列の機体と言っても確実にライン確保のための捨て駒にする気ですね。
よくよく考えたら、ボーイングは今のところ改修ぐらいしか仕事を持ってないからねぇ。
まぁ、スパホが豪州で選定されてシンガポールと韓国にF-15を買わせたと言っても将来的にはF-35(ロッキード・マーチン社)に奪われちゃうしねぇ。
多分、次の韓国のFX選定でも自社の機体を買わせようって腹でしょう。
でもボーイング第五世代戦闘機持ってないw
考えられるのは、無理矢理、韓国海軍の次期汎用空母構想KCV-Xを無理矢理ススメさせて、スパホを買わせるぐらいですか?
まぁ、そん時にはスパホはF-35に完璧に変わってるでしょうが。
続きを読む
posted by ドゥエム伯 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜+ニュース〜韓国編〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。