2007年11月23日

ぷげらw

韓国】大韓帝国・駐仏外交官の日記見つかる〜「本国の支援がなく公館の家賃を支払えず、サラ金業者からお金を借りた」[11/16]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1195211703/

大韓帝国(1897〜1910年までの朝鮮の国名)時代、フランスに駐在していた外交官の日記が発見され、学界の関心を集めている。

忠清南道牙山市(チュンチョンナムド・アサンシ)に所在する私立大、鮮文(ソンムン)大学校・人文科学研究所のヤン・ジウク研究員は、16日、朝鮮(チョソン、1392〜1910)の第26代王・高宗(コジョン)皇帝時代の1901〜1902年、フランスに駐在していたキム・マンス(1858〜?)公使の日記3冊を、今年6月にソウル市内の古本屋で発見した、と伝えた。

大韓帝国時代に韓国に滞在したフランスの外交官が作成した史料は多数あるが、韓国の外交官がフランスについて記述したものは今回が初めて。

同日記はキム公使が1901年4月14日〜1902年2月14日、フランスに滞在した当時に体験した内容を記述した日録・日記・駐法公使館日記などからなっている。

日記は「日本が英銀行から5000万ウォンの借款を借りた」、「日本の元首相・伊藤博文がパリを訪ねたが、借款問題ではないかと思われ注意深く観察中だ」といった具合の国際情勢に関連した内容だけでなく、当時のフランスの予算規模などフランス国内の事情詳細についても記述している。

また、1901年10月4日付の日記には「本国の支援がなく公館の家賃を支払えず、サラ金業者からお金を借りた」という内容もあり、当時の大韓帝国の財政状態を推測できる。

ヤン研究員は「韓国・フランスの初期の外交関係を把握できる貴重な史料」とし「文学的価値もある」と述べた。資料は17〜18日、同校・学生会館で開催される「2007・韓民族文化学会の定期学術大会」で一般に公開される。

ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=92922&servcode=400§code=400


憎きニッテイに搾取されるまえから貧乏じゃねぇーかよ!



やべぇ腹筋が壊れそうだよwマジ爆笑w
続きを読む
posted by ドゥエム伯 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。